修身科

shushinka_logo

修身ってなに?

第二次世界大戦に敗れるまでの日本において、旧制の小学校、中学校で教えられていた道徳教育。
自らの行いを正すようにつとめることを目的とした授業が行われていました。
APjr.で扱う修身科の授業は、教育哲学家、故、森信三先生の修身教授録、幻の講話等をテキストとして使用。
実社会に繋がる学びを提供しております。
「実践に繋がらない修身科に意味はない!」森信三先生の教えです。
二度と繰り返し得ない人生。

限りなく有限な命。なんのために使うのか。
誰を笑顔にするために生きるのか。

『志』を立てる気づきのきっかけを投げかけます。
今、世界の大学が受験生に求めている問い。大学入試改革で日本の大学も追随する問い。
『あなたの軸はなんですか?』『あなたは何者ですか?』それぞれが違う答え。
生徒自身で見つけてもらう授業。弊社代表、山中が主任講師として直接お伝えいたします。
APjr.では、必修の科目となります。

立志をもって根本とする「私は、志を打ち立てるところに、学問の根本眼目があると信じるものです。
その他のすべての事柄は、要するにこの根本が打ち立てられるところに、おのずからしてできてくるのです。」森信三先生

授業プログラム

選ばれる人間になるための授業

選ばれるために普段から意識していくべきことは何でしょう。
人と話す、字を書く、歩く…。
何気なくしている自分の行動を見直すことが実は「選ばれる」ことの始まりです。
挨拶の仕方、立ち姿、座り姿、話の聞き方など、人と対峙するときの立ち振る舞いだけではありません。
脱いだ靴を揃えるなど、一人でいるときの行動にも注意を払うことも大切です。
なぜそれが選ばれることに繋がるのか。修身教育の大家・森信三先生の教えを元に講義を展開していきます。

授業実績

  • 選ばれる人間になる
  • 志を立てる
  • 彊めて息まず
  • 反発心

2.***のための訓練

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

3.***のための方法

これはテキストブロックです。このテキストを変更するには編集ボタンをクリックしてください。Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

森信三先生とは

京都帝国大学哲学科で主任教授であった京都学派の創始者・西田幾多郎に師事。
卒業後は天王寺師範学校(現大阪教育大学)の講師となり、修身の教鞭を執る。
このときの講義録が「修身教授録」である。
その後、神戸大学教育学部教授となり、退官後は神戸海星女子学院大学教授となる。
「人生二度なし」を根本信条とし、全国津々浦々に脚を運び講演活動を生涯続けた。

お電話・WEBでの各種お問い合わせはこちらです

©  APjr.~立志塾~ All Rights Reserved.
PAGE TOP