山中塾長ブログ

皆様こんにちは、山中でございます。昨日から東京へ来ています。

昨日もそうでしたが、今日も本当に暑い。暦上では5月ですが、

今日は夏ですね。

 

さて、前回の日曜日は親塾。月曜日は修身の授業。直接、お伝え

する場を楽しませていただきました。特に子どもたちを見ていて、

感じる事。受け身の教育に慣れてしまい、知っていることで満足

してしまう。主体的に知識を実践につなげられる生徒は少数。

 

修身の授業ではありましたが、週刊ダイアモンドに掲載されてい

た、大前研一さんさんの特集記事を紹介しました。以下一部引用。

 

「今の文部科学省の学習指導要領にはAI時代に人間が何を学ぶべ

きか全く書かれていない。それどころか、AIに簡単に置き換えら

れてしまうような知識を学べと言っている。そういう教育を受け

た子どもたちが15年、20年後に直面する厳しい現実を想像す

ると、本当に恐ろしくなる。日本の最大の不幸は、この教育シス

テムです。」

 

「21世紀は『答えのない世界』です。だから、『教える』とい

う概念もなくなる。デンマークやフィンランドでは、1990年

代半ばに、『教えない』教育にいち早く切り替えました。」

 

上記、抜粋した文章をお読みいただけると、事の重大性はご理解

いただけると思います。直接、子どもたちに伝える場に立たせて

いただき、大いなる危機感を持っています。

 

将来、自分たちが生きる社会が、リアルではなくバーチャル。い

わば、テレビの世界の出来事のように捉えている。また今後、大

変革が訪れても、誰かが解決するだろう。依存心と他人事。

 

決められた答えを書けばいい。テストで高得点出せば文句ないだ

ろう。教える教育に慣れてきた子どもたち。自分たちが当事者で

あることを忘れてしまっているようです。最後に今一度、大前研

一氏の記事引用。

 

「ではどうすればいいのか。これまでのように誰かから教えても

らい、それを覚えるという学びのスタイルでは駄目。自分で学び

たいことを選び、自ら学ぶ。そういう姿勢が不可欠です。」

 

日本の子どもたち。だけでなく大人も。これが一番苦手なようで

す。近未来の大変革。早く気づいてくださいね。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。