山中塾長ブログ

皆様こんにちは、山中でございます。昨日は、高校進学説明会を開催

させていただきました。私は出席できなかったのですが、多くの皆様

にご参加いただきました。本当にありがとうございます。

 

さて、昨日の説明会にて、どれほど深く、新大学入試の危機感をご理

解いただけたのか。ご記入いただいたアンケートに目を通していると、

伝わりきらなかった方もいらっしゃるようです。

 

既に報道で伝えられているとおり、今年の大学入試は過去にない異常

事態がおこっています。国からの指導により、私大が例年よりも受け

入れ枠を大幅に減らしています。

 

高校側にもお達しがなく、もちろん予備校にも連絡なく突然の方針変

更。その影響を受けているのは受験生たち。国公立の押さえで受ける

私大が受からない。昨年の合格最低点より30点高い得点取っても受

からない。A判定で、試験の手応えがあっても受かってない。現時点で、

滑り止めさえ確保できていない生徒が多数。

 

この現象には、高校、大手予備校共に進路指導現場は困惑しています。

はっきりした数字はわかりませんが、関関同立で、昨年より1000人

は、合格者を減らしているらしい。当然、他私大も同じなので、一般入試

の門は、かなりかなり狭き門。ある大学の二次倍率25倍。ありえません。

 

追い打ちをかけるように、日本のトップ私大である2校。AO含む推薦

入試で、合格者の7割を確保する方針を発表。一般入試枠は3割。現役

生だけでなく、浪人生には厳しすぎる変更です。また、現受験生でない

高校生たちも、学校の評定をしっかり取らないと、一般で取り返すのは

厳しくなります。

 

全体像的には入試改革には賛成の私。ですが、今年いきなり、このよう

な事態になるとは…。荒波をもろに受けてしまった受験生たちへ。今は、

嘆いても仕方ない。できる事にベストを尽くして、幸運の女神を引き寄

せてください。とにかくベストを尽くそう!

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。